javascript

暑くなり始め、梅雨から夏にかけてご注意を!!

  5〜8月に多く、誰でも(動物全般)起こり得る症状 

  illust4306.png   熱 中 症

  

年々、温度が上昇し40度近くまで上がる異常な気温、この暑さでは人も動物も体調を崩しやすくなり、

食欲がなくなったり、下痢や嘔吐をして夏バテになる子もいるでしょう。

そこで、動物を飼うすべての飼い主様に、覚えておいていただきたいのが”熱中症”です。

熱中症が進むと熱射病・日射病になり、命の危険につながることがあります。

体を冷やすものと水分補給は常に用意しておきましょう。

9月以降の残暑も第2期間の熱中症ですので、お気を付け下さい。

 

当院でも、年に数頭が熱中症で運ばれてきます。

あなたの家族です。

知識をしっかりもち、温度と体調管理をしてあげましょう。

 

usagi02_b_04.png