javascript

それぞれの熱中症対策

熱中にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

晴れ 熱中症対策を考えよう 晴れ 

  • 水を色々な場所に分けて置いておく。(水をこぼしてもいいように)
  • お風呂場は解放しておく。(ひんやりして気持ちいい。溺れないよう水は抜いておいてください)
  • どこでもいけるようになるべく扉を解放しておく。(熱がこもらないよう、涼しいところを見つけて動きます)
  • カーテンは閉めておく(日影ができる、クーラーの効きが良くなる)        
  • ジェルマット、みかげいしや大きめのタイルを1枚置いておく(冷たくて気持ちいい揺れるハート
  • ブラッシングして抜け毛はしっかりとっておく(一枚上着を脱いだようになります)

                   

 

お散歩は、早朝や太陽が落ちてからにしたり、車での移動の時は

必ず冷たいお水(保冷バックにいれたり氷水)を持ち歩き、

冷え冷えプレートやマットを持ち歩き夏を乗り越えましょう。